堀田勝太郎商店

  • 日本語
  • 英語
  • 管理画面
こだわり

株式会社堀田勝太郎商店 特別顧問 森田治秀のご紹介

a
1951年2月21日京都府生まれ。

地元京都で少年期を過ごし、地元の学校卒業後、母親の里でもある京都宇治の有名老舗店『株式会社堀井七茗園』に入社しました。

『堀井七茗園』は室町時代に足利将軍家から後世に“宇治七茗園”と呼ばれる茶園を有していたことに由来する大変由緒あるお店です。

彼はそこでお茶のみききや仕入・販売方法に至るまで、お茶の基本となることを教わりました。

そして、もっと本格的にお茶の審査技術を磨きたいという向上心から、1969年京都府茶業連合青年団の宇治団に入団しました。

京都府茶業連合青年団とは、次代を担うお茶の販売関係者や生産者等を集め、お茶の審査技術を本格的に学ぶ会です。

年に一度実施される全国茶審査技術競技大会へと続く予選会も行われます。

ここで、彼は堀田勝太郎(現株式会社堀田勝太郎商店会長)と運命的な出会いを果たしました。

全国茶審査技術競技大会2位の実力を持つ堀田勝太郎より茶の審査・鑑定技術・精神力等を学び、たちまち才能を開花させました。

そして入団した最初の年に、第17回全国茶審査技術競技大会にいきなり出場し、史上初の初出場・初優勝(当時19 歳)、しかも史上最年少優勝で農林水産大臣賞獲得という華々しい全国デビューを飾りました。

その後も常にこの道のトップであり続け、全国大会の予選会にあたる京都府大会においても常に上位の成績で幾度も優勝を数え、20年連続全国大会出場という記録を持っています。

さらにその後も第28回全国大会、第39回全国大会優勝と計3回の全国優勝という当時では前人未到の記録を残しています。

1994年、彼のその功績は茶鑑定士の当時の最高段位である茶審査技術9段を授かるという名誉で祝福され、名実共に日本で最も有名な茶鑑定士となりました。

20数年勤めた後、更なる向上心を持って自身の培ってきた信念に基づいた商品を展開する店舗『お茶のもりた園』を開店しました。

また、株式会社堀田勝太郎商店特別顧問として、若いスタッフへの指導や、後進の育成に力を注いでいます。

さらに、お茶をもっと多くの人に知ってもらうために、お茶の淹れ方教室の講師を担当したり、テレビや雑誌の日本茶の特集にたびたび登場し、積極的に日本茶の魅力を伝えることでお茶の普及と茶業界の発展に貢献しています。



【茶審査技術】
○ 1994年 当時の最高位 9段に認定

【全国茶審査技術競技大会】
○ 1970年 第17回 優勝 農林水産大臣賞受賞
○ 1981年 第28回 優勝 農林水産大臣賞受賞
○ 1992年 第39回 優勝 農林水産大臣賞受賞

【京都府茶審査技術競技大会】
○ 1977年 第48回 優勝 京都府知事賞受賞
○ 1981年 第52回 優勝 京都府知事賞受賞
○ 1984年 第55回 優勝 京都府知事賞受賞
○ 1988年 第59回 優勝 京都府知事賞受賞
○ 1994年 第65回 優勝 京都府知事賞受賞

など数々の賞を受賞