堀田勝太郎商店

  • 日本語
  • 英語
  • 管理画面
オーガニック認定

有機栽培と堀田勝太郎商店の歩み


当社は日本のお茶業界の先駆けとして、「安心・安全」にこだわる生産農家の有機栽培茶・有機栽培抹茶作りを応援し続けています。

有機栽培茶の栽培・育成方法を生産農家と一緒に考え、有機栽培茶の発展に貢献して参りました。

多様なお客様のニーズに応えるため、全国の有機栽培茶の生産農家とネットワークを持ち、安定供給できる体制を確立しています。

有機栽培茶は、栽培だけでなくその加工・保管・輸送など、お客様の手元にわたる流通過程も厳格な規定に沿って管理されていますので、「安心・安全」のこだわり有機栽培茶・有機栽培抹茶をお客様にお届けしています。

現在当社では有機認証は日本の有機認証のパイオニア機関である日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会(JONA)を通じて、有機JAS認証、JONAインターナショナル認証をはじめ、アメリカNOP認証やヨーロッパEU認証(同等性による証明)を取得しています。

また、KOSHER認証も取得し、お客様により安心してご利用頂ける商品の提供に真剣に取り組んでいます。



当社が取得している有機認証




【有機JAS認証】
日本国内で有機として商品を販売するのに必要な認証です。 有機JAS法に定められた基準に則って、農林水産大臣から認可を受けた登録認定機関(第3者認証機関)が審査をします。 当社ではこの認証機関にJONAを選定しています。 JONAは日本の有機認証機関のパイオニア的存在で、厳格な審査を行うことで定評があります。 そのJONAによる審査で基準をクリアしており、弊社の商品は確かな品質を有しています。



【JONAインターナショナル認証】
JONAはIFOAM(オーガニック農業運動国際連盟)のメンバーであると同時に、IFOAMの基準に則った独自プログラムによるインターナショナル認証も行っております。 その基準は有機JAS認証のものより厳しく、独自基準を持たない海外の国に輸出する際に有効です。


【NOP(USDA)認証】
海外で有機商品として認められるには、それぞれの国・地域の基準を満たす必要があります。 当社ではJONAを通じてアメリカの有機認証であるNOP認証を取得しました。
【EU認証】 有機JAS認証規格が有機の認証機関としてEUでも認められたことから、JONAで有機JAS認証を取得していることで、EU認証との同等性による証明が可能になりました。EU認証と同じ効力がありますので、ヨーロッパでも有機茶として取り扱いが可能です。

【KOSHER認証】
ユダヤ教の規則に基づくKOSHER(清浄食品)認証を取得致しました。 安全でナチュラルな食品であることをアピールすることができます。



有機栽培と堀田勝太郎商店

 

1970年代初め、当社の仕入れ先である生産者から突然、「明日から一切農薬を使わずにお茶を栽培したい」とのお話がありました。

当時は「有機栽培」や「無農薬栽培」などという言葉は一般には広まっておらず、農薬による茶葉の生産は当然で、誰もが疑問を感じていませんでした。

しかし、話を聞いていくうちに、彼の農薬に対する考えや有機栽培の必要性の訴えに心を動かされました。 そして、有機栽培について情報収集をしたところ、そのリスクの大きさに驚きました。

作業は一般農園を有機栽培茶園に変えていくところから始まりました。

JAS法では3年の転換期間が規定されていますが、お茶の栽培では前例がなく、成功するかどうかもわかりませんでした。

それでも「有機栽培に切り替える」覚悟をした熱い思いと、強い気持ちに打たれ、私は今まで以上に支援し続けていこうと決めました。

有機栽培農園へ切り替えを始めるにあたり、MOA(NPO法人自然農法文化事業団)の知人にもアドバイスをもらい、茶園の改造に取り組んでいきました。

茶園に農薬・化学肥料を一切施さなくなると、虫が付き茶葉が食われます。 木はやつれ、何年も茶葉が採れない状態が続きます。

農薬などが蓄積された土壌をクリーンにするためには必要な期間で、ここで挫折する生産者もいます。

これを乗り越えた時、有機栽培茶園は力強い生命力あふれる茶園へと生まれ変わります。

1981年~1988年頃には、減農薬栽培や無農薬栽培に取り組みましたが、納得できる茶葉とはいかず、翌年MOAに入会し、完全無農薬栽培に切り替えました。

そして1992年、JONA(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)認定を緑茶部門の第1号として受けることができました。

ここまでの茶葉が採れるようになるまで実に10年以上の歳月がかかりました。

品質・収穫量共に一般農法と同等の茶園になるまで長期間かかるリスクを見据え、周囲の反対を押し切り、諦めずに有機栽培に取り組んだ生産者が、今の有機栽培茶という素晴らしいお茶を作り出したのです。

多くの種類がある茶葉の一つ「有機栽培茶」。

私達はこの茶葉の生産に携われたことを誇りに、これからも素晴らしい生産者と生産地を大切にしていきたいと思っています。