堀田勝太郎商店

  • 日本語
  • 英語
  • 管理画面
日本茶

抹茶


用意するもの
○ 抹茶茶碗・茶筅・ふるい
○ 茶杓又は、計量スプーン
○ 湯冷まし又はマグカップ

※ 抹茶を点てる前にふるいにかけると、きれいに点てられます。

1. 茶碗に抹茶を茶しゃくで2杯、約1.7g入れます。

2. 茶碗に3分の1位、湯温80度前後のお湯(70~80cc)を注ぎます。

茶筅で点てる時には、まず利き手ではない方の手を、抹茶碗が滑らないようにささえ、利き手は、人差し指と中指と親指の3本で茶筅の竹の部分を握ります。

始めは底の抹茶をお湯になじむようにゆっくり混ぜます。

手首を前後に振り、最後に表面を整えるようにゆっくりと動かし、静かに茶筅を引きあげます。
3. 抹茶の表面が、クリームのようにキメが細かく泡立てばできあがりです。



玉露(3人分)


用意するもの
○ 急須・茶碗
○ 大さじ又は、計量スプーン
○ 湯冷まし又は、マグカップ




1. 沸騰したお湯60~70ccを湯冷ましから急須に入れます。

さらに茶碗に注ぎ、約40度(人肌程度)~60度になるまで冷まします。

※ 湯温は器を移すたびに、約5度~10度、下がります。

※ 1人でお飲みになる場合は、お湯20~30cc

2. 急須に茶葉を大さじ山盛り2杯程度、10g入れます。

※ 1人でお飲みになる場合は茶葉5g

3. 湯冷ましした茶碗のお湯約40度(人肌程度)~60度を急須に入れます。

4. ふたをせずに茶葉の動きを眺めてください。

※ ふたをして茶葉の浸出を待つ淹れ方もあります。

5. お湯を注いで1分ほどすると茶葉がお湯を吸って、うす緑色に変化してゆきます。出し頃は1~2分位です。
6. お茶を急須から茶碗に回し注ぎをして濃さが均一になるようにします。

二煎目以降は、お湯の温度を上げて待つ時間を短くします。
三煎目も十分美味しくいただけます。

できあがりです。



煎茶


用意するもの
○急須・茶碗
○大さじ又は、計量スプーン


1.沸騰したお湯1800ccを3人分(60cc)に分けて茶碗に注ぎ、約70度~80度になるまで冷まします。
(湯温を下げたいときには玉露の淹れ方と同様に湯冷まし又は、マグカップを使って冷やします。)
※湯温は器を移すたびに、約5度~10度下がります。
※1人でお飲みになる場合はお湯60cc

2.急須に茶葉を大さじ山盛り2杯程度、10g入れます。

3.湯冷ましした茶碗のお湯約70度~80度を急須に入れます。

4.ふたをして茶葉の浸出を待ちます。急須の中で、茶葉がお湯を吸って、黄緑色に変化してゆきます。

出し頃は45秒~1分です。

5.お茶を急須から茶碗に回し注ぎ(玉露と同様)をして、濃さが均一になるようにします。 最後の1滴まで絞りきってください。
二煎目以降は、お湯の温度を少し上げて待つ時間を短くし、絞りきってください。

できあがりです。



玄米茶・ほうじ茶


用意するもの
○急須、湯のみ
○大さじ又は、計量スプーン


1.急須に茶葉を大さじ山盛り2杯程度、入れます。

2.ポットから急須にお湯(役300~400cc)を入れます。

3.お湯を入れた状態で約30秒位置きます。

4.濃さが均一になるように回し注ぎして(玉露・煎茶同様)お茶は最後の1滴まで絞り切ります。

できあがりです。


~京都府茶協同組合発行「宇治茶大好き」より抜粋~