堀田勝太郎商店

  • 日本語
  • 英語
  • 管理画面
日本茶

碾茶(抹茶)の製造工程

 

【 覆下園 】
毎年、4月中旬から5月ごろ、茶園に覆いをかけます。
 
【 荒茶製造工程 】
集められた茶葉を自動的に蒸機へ送って蒸します。
蒸された茶の葉を一面に等しく散りばめ、熱風で乾かします。この茶を碾茶の荒茶と呼びます。(宇治茶の産地では農家がここまでの工程を行います。)
 
【 仕上茶製造工程 】
乾いた茶葉を細かく切ります。
風力により、切断された荒茶を茎と分けます。
大小さまざまな形の葉が混ざり合っているので、きれいにととのえます。
葉をさらに乾かして、独特のお茶の香りをつくり出します。
茶葉をさらに細かく分けて、茎や古い葉を取り除きます。
挽臼にかけて抹茶に仕上げます。
 
【 商品完成(抹茶)】


※ 荒茶
工場で一次加工され、仕上げ加工される直前の茶です。茶を栽培する農家で荒乾燥が終わった時点の茶が荒茶で、そのまま売りに出されることもあります。

※ 仕上茶
荒茶の製造作業が終わってから、見た目や香りを整えた商品としての茶が仕上げ茶です。



玉露・煎茶の製造工程

 

【 玉露園・煎茶園 】
茶葉は、手・茶つみ機などで摘み取られ、荒茶工場へ運ばれます。
 
【 荒茶製造工程 】
集められた茶葉を自動的に蒸機へ送って蒸します。
蒸された茶葉を冷やします。
もみながら熱風で乾かします。
茶葉に力を加えて揉むことにより、水分を均一にしていきます。
茶葉をもう一度もみながら熱風で乾かします。
茶葉に熱と力を加えて、形を針のように整えながら乾かします。
茶を十分に乾かします。ここまでが荒茶を作る工程となり、できたものは荒茶と呼ばれます。(宇治茶の産地では農家がここまでの工程を行います。)
 
【 仕上茶製造工程(後火方式) 】
荒茶は大小さまざまな形の葉が混ざり合っているので、大きなものは切断し粉茶を取り除き、形をきれいに整えます。
茎や古い葉を取り除き、見た目をさらにうつくしくします。
茶葉をさらに乾かして、独特のお茶の香りをつくりだします。
 
【 商品完成(玉露・煎茶等)】


~京都府茶協同組合発行「宇治茶大好き」より抜粋~