堀田勝太郎商店

  • 日本語
  • 英語
  • 管理画面
設備紹介

お茶の味をアレンジする新設備の導入


お茶は嗜好品であり、非常にデリケートなもので、同じ品種のお茶でも収穫時期や産地、気象条件によって全く違う風味のお茶になります。

また、関東と関西ではお茶の好みが異なるように、消費者に合わせたお茶を提供することが重要となります。

当社加工工場では、良質の茶葉(素材)を、最新の自社オリジナル仕上機・遠赤外線焙煎機で仕上げることで、幅広いニーズに対応しています。


自慢の焙煎火入れ(後火二度焙煎)


最新の遠赤外焙煎機を導入して、昔ながらの炭火を現代に再現しました。熟練された職人の技と先端技術の融合により、インパクトのある香りと煎茶本来の味がさらに引き立ち、いっそう美味しく出来上がります。


抹茶粉砕へのこだわり

抹茶は大変デリケートなもので、粉砕方法によって出来上がりの品質は大きく変化します。

石臼は回すときに生じる摩擦熱が起き難く、石自体がある程度熱を吸収し、また、臼面にある溝により通気性があるので、発生した熱自体を発散します。

そのため、粉が熱で焼けにくく、絶妙な風味を引き立てます。

また、当社の粉砕機は特別仕様で、最新オリジナル仕様のものを使用しています。

この機械を使用することで、粉砕時に発生する摩擦熱を抑えることができ、熱による抹茶の退色を抑え、抹茶本来の鮮やかな緑色を保ったまま仕上げることが可能になりました。